GM会議でも評価低く…西武・秋山に囁かれる年齢以外の問題

公開日: 更新日:

 球団幹部や代理人が一堂に会し、FAやトレードなどの“商談”をする大リーグのGMミーティングが日本時間12日、アリゾナ州スコッツデールでスタートした。

 今年の目玉はワールドシリーズMVP右腕のストラスバーグ(31=ナショナルズからFA)と今季20勝(5敗)をマークしたコール(29=アストロズからFA)。ともに平均年俸が30億円を超す大型契約になるともっぱらだが、意外にも評価されていないのが海外FA権を行使してのメジャー挑戦を表明している秋山翔吾(31=西武からFA)だ。

 西武は引き留めに「4年20億円」、ソフトバンクや楽天はそれ以上の条件を用意しているといわれるのに、現地から景気のいい話はさっぱり聞こえてこない。「ダイヤモンドバックスが2年約6億円」といった程度なのだ。秋山の今季年俸は2億3490万円だから上積みはあるものの、昨年のメジャー平均年俸の約5億円や西武の「4年20億円」には遠く及ばない。過去5年間全試合に出場、三拍子そろった安打製造機にしては評価が低過ぎないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  4. 4

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  5. 5

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  6. 6

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  7. 7

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る