エ軍が大谷の“兄貴”マルドナード狙い 二刀流復帰に追い風

公開日: 更新日:

 マルドナードは昨季途中に移籍したアストロズでコールの専属捕手を務め、ア・リーグ西地区3連覇、2年ぶりのワールドシリーズ進出に貢献した。

 エンゼルスが、このベテラン捕手取りに動くのは、本命であるコールの気を引く狙いもあるとみられるが、獲得が実現すれば来季中の二刀流復帰を目指す大谷にとってもメリットは大だ。

 マルドナードは大谷のメジャー1年目の18年7月までエンゼルスの正捕手を務めた。大谷とは8試合、計43回3分の1、バッテリーを組み、防御率3・12。大谷が初めて経験したキャンプではブルペンで球を受けてもらうのはもちろん、メジャーやチームのしきたりを伝授されるなど、何かと面倒を見てもらっていた。

 大谷が右肘靱帯を痛めたことが発覚した同年6月6日のロイヤルズ戦で、異変にいち早く気付いたのもこのマルドナードだった。公私にわたって兄貴分のような存在だったマルドナードに対しては、大谷も絶大な信頼を寄せていた。

 アストロズの強力投手陣をリードしたベテラン捕手だけに、投手の球種や癖なども熟知しているはずで、打者大谷にとってもプラスに作用するのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

  7. 7

    「アノニマス」は香取慎吾ありき…物足りないテレ東らしさ

  8. 8

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  9. 9

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  10. 10

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

もっと見る