巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

公開日: 更新日:

 さまざまな思いを抱いての挑戦になりそうだ。

 ポスティングによるメジャー移籍を目指す巨人の山口俊(32)。25日にはベストナイン(セ投手部門)に選出され、「この賞をいただき、とても光栄です。これを励みにさらに精進したい」とコメントした右腕は今季、15勝をマークして最多勝、最多奪三振(188)、最高勝率(・789)の投手3冠を獲得。昨オフ、巨人と2年契約を結んでいたが、1年分の“保障”を捨ててでも、夢を追い掛けることを決めた。

 とはいえ、米球界の山口に対する評価は芳しくない。複数のメジャースカウトは「スプリット契約になるだろう」と予測している。そうなると、マイナーの招待選手としてスプリングトレーニングに参加、実戦を通じてメジャー昇格を目指すことになるわけだが、オープン戦で見切りをつけられた場合は、「年俸10万ドル(約1000万円)程度しかもらえないケースもある」(メジャー関係者)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  5. 5

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  6. 6

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  10. 10

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る