G菅野が6.5億円更改も メジャー挑戦へ残ったままの“障害”

公開日: 更新日:

 巨人菅野智之投手(30)が28日、球団事務所で契約更改し、現状維持の6億5000万円でサインした。昨オフ、日本人選手の最高年俸だった横浜・佐々木に並んでいた。

 今季は腰痛に悩まされ、離脱を繰り返した。22試合に先発して11勝6敗、防御率は自己ワーストの3・89という成績に関して、「あまり振り返りたくないシーズンだった」と言った。

 今季15勝を挙げた山口俊が巨人初のポスティングシステムによるメジャー移籍を容認された。菅野もメジャー挑戦の夢があることは公言している。海外FA権取得は2021年のシーズン中のため、1年前倒しで来オフにポスティング移籍の可能性がささやかれている。前日27日に山口オーナーは「個別のケースに関しては検討していく余地は出てくる。ドラフトで1年待って1年を棒に振ってジャイアンツに来てくれている」とポスティングについて容認する可能性を示唆したばかり。菅野は「変わらず(気持ちは)持っているけど、まずは来シーズンを戦い抜いてから。日本一になって、その後にいろいろ話が出てくるかもしれない。前日のオーナーの発言? 直接話をしていない。今日(契約更改)もそういう話にはならなかった。行く行かないは別として、高みを目指すのは当たり前のこと」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る