G菅野が6.5億円更改も メジャー挑戦へ残ったままの“障害”

公開日: 更新日:

 巨人・菅野智之投手(30)が28日、球団事務所で契約更改し、現状維持の6億5000万円でサインした。昨オフ、日本人選手の最高年俸だった横浜・佐々木に並んでいた。

 今季は腰痛に悩まされ、離脱を繰り返した。22試合に先発して11勝6敗、防御率は自己ワーストの3・89という成績に関して、「あまり振り返りたくないシーズンだった」と言った。

 今季15勝を挙げた山口俊が巨人初のポスティングシステムによるメジャー移籍を容認された。菅野もメジャー挑戦の夢があることは公言している。海外FA権取得は2021年のシーズン中のため、1年前倒しで来オフにポスティング移籍の可能性がささやかれている。前日27日に山口オーナーは「個別のケースに関しては検討していく余地は出てくる。ドラフトで1年待って1年を棒に振ってジャイアンツに来てくれている」とポスティングについて容認する可能性を示唆したばかり。菅野は「変わらず(気持ちは)持っているけど、まずは来シーズンを戦い抜いてから。日本一になって、その後にいろいろ話が出てくるかもしれない。前日のオーナーの発言? 直接話をしていない。今日(契約更改)もそういう話にはならなかった。行く行かないは別として、高みを目指すのは当たり前のこと」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る