権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

来季から先発転向 楽天・松井「間違いなく勝てる」の根拠

公開日: 更新日:

 なにも心配はいらないだろう。

 楽天の守護神、松井裕樹(24)が来季から先発に転向することが決まった。高卒2年目から本格的にリリーフを務め、転向後の5年間で通算139セーブ。「現代野球は抑えで決まる」が持論の私からすれば、球界を代表するストッパーを先発に回して、「果たして誰が代わりを務めるのか。チームは大変だぞ」というのが正直な感想だが、松井本人のことだけを考えれば、先発転向で間違いなく成績を残す、とみている。

 今の野球で、肉体的にも精神的にも最も過酷なポジションは抑えだ。だから私は常々、チームでナンバーワンの投手が務めるべきだ、と唱えている。勝っている試合を九回にひっくり返されることほど、チームにダメージを与えることはない。好投して試合をつくった先発投手、リードを守ったリリーフ投手、援護をした打線、守った野手の苦労をすべて無にしてしまう。その責任を一身に背負ってマウンドに上がるのがストッパーの宿命で、その重圧は想像以上のものがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る