FA連敗し山口流出でも…巨人はストーブリーグで存在感ゼロ

公開日: 更新日:

 ロッテ・涌井を金銭トレードで獲得した楽天・石井GMは「実績があって長いイニングを投げられる投手が涌井選手だった」と理由を説明した。

 涌井は2013年オフに西武からロッテにFA移籍。15年には6年ぶりの最多勝を獲得し、ロッテに在籍した昨季までの5年間は150回以上に登板した。今季は3勝、104回にとどまったものの、楽天はそのタフネスぶりを評価した。

 巨人も今季の最多勝投手・山口のブルージェイズ移籍が決定するなど、先発は補強ポイント。楽天と同じような弱点を抱えている。馬力が持ち味の涌井は山口とタイプは似ている。実際、チーム内にはロッテの来季構想から外されていた涌井の獲得を望む声もあったというが、球団は動かなかった。

「涌井の今季の年俸は2億円と高額ですが、巨人にだって今季8安打の中島が1・5億円、一軍登板なしの岩隈も5000万円の元大物がいる。それぞれ契約更改で年俸2000万円に大幅ダウンになったとはいえ、来季も巨人に在籍します。中島、岩隈同様、涌井も原監督が侍ジャパンの指揮を執った09年WBCのメンバー。獲得に動いても不思議ではないのに、球団は最近『費用対効果』を気にしていてシビアになっています」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る