巨人は損なのに…原監督「みんなでパに勝とう」発言の狙い

公開日: 更新日:

 NPBは23日、今季のセ・パ交流戦の日程を発表した。昨季に続き、勝率1位球団を「交流戦優勝」として賞金3000万円を総取りとすることが発表された。

 前日22日、12球団監督会議で巨人原辰徳監督(61)が「交流戦、日本シリーズの対戦成績が悪過ぎる。パ・リーグに対して闘志むき出しで戦う必要がある」とセ・リーグ球団の監督に奮起を呼びかけた。他球団からは「その通り」「大きなお世話」などとさまざまな反応があるが、確かに戦績は一方的である。

 2005年に始まった交流戦は、昨季までパが10年連続勝ち越し。セは09年に一度勝ち越しただけにとどまっている。優勝(勝率1位)もパの球団が12度、セが3度(巨人2、ヤクルト1)と大きく差をつけられている。日本シリーズでも13年の楽天から7年連続でパの球団が日本一となっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

もっと見る