巨人は損なのに…原監督「みんなでパに勝とう」発言の狙い

公開日: 更新日:

 NPBは23日、今季のセ・パ交流戦の日程を発表した。昨季に続き、勝率1位球団を「交流戦優勝」として賞金3000万円を総取りとすることが発表された。

 前日22日、12球団監督会議で巨人原辰徳監督(61)が「交流戦、日本シリーズの対戦成績が悪過ぎる。パ・リーグに対して闘志むき出しで戦う必要がある」とセ・リーグ球団の監督に奮起を呼びかけた。他球団からは「その通り」「大きなお世話」などとさまざまな反応があるが、確かに戦績は一方的である。

 2005年に始まった交流戦は、昨季までパが10年連続勝ち越し。セは09年に一度勝ち越しただけにとどまっている。優勝(勝率1位)もパの球団が12度、セが3度(巨人2、ヤクルト1)と大きく差をつけられている。日本シリーズでも13年の楽天から7年連続でパの球団が日本一となっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  6. 6

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  9. 9

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る