ロッテ佐々木の一軍キャンプ“禁止3箇条”を先輩選手が説く

公開日: 更新日:

「上(一軍)でスタートします。吉井投手コーチとフォーム固めをしっかりやってもらいたいというのはある。まずは一軍のレベルでやってほしいし、その環境の中で、彼(佐々木)のペースでやらせようと思っています」

 22日、ロッテのコーチ会議が行われ、井口監督は佐々木朗希(大船渡)の一軍キャンプスタートを明言。育成ドラフト指名の選手を除き、新人全員が一軍スタートとなる。

 佐々木は2月1日からの石垣島キャンプに備え、一昨年のドラ1である藤原恭大らとともに26日から現地へ先乗りして自主トレを行う。

 その佐々木は、会議前に行われたこの日の新人合同自主トレの全体練習後に、自主練習で約120本のノックを受け、「キャンプではフィールディングで足を引っ張らないように、今のうちから慣れた方がいいと思った。石垣島は暖かいのでその分、今より強度を上げた運動ができるかなと思う。慣れない環境で初めての人が多い中で、不安というか、慣れないといけないし、頑張っていかなきゃいけないと思います」と意気込んだ。

 佐々木にとって人生初のキャンプが一軍。一軍本隊は2月13日に沖縄本島に移動するが、それ以降も一軍に帯同する可能性はある。入団前から大きな注目を集める黄金ルーキーは、キャンプをどのように過ごしたらいいのか。この日、埼玉・浦和の二軍施設で練習していた先輩選手に話を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る