初三塁のレイズ筒香 フィールディングより求められる頭脳

公開日: 更新日:

 レイズ・筒香嘉智(28)が26日(日本時間27日)のツインズ戦に「5番・三塁」でスタメン出場。2打数無安打と快音は響かなかったが、オープン戦初の内野守備では弱い当たりのゴロをランニングスローで処理して軽快な動きを見せた。

 実戦で初の内野守備をこなした筒香は「(オープン戦は)左翼だけだったので、あの距離感で試合に出れたのはよかった」と振り返った。

 今季は本職の左翼以外に、一塁や三塁でも起用される見込み。筒香は日本から7種類のグラブを持ち込んでおり、今月上旬に渡米して以降は現地で精力的に内野ノックを受けるなど、守備力の向上に励んでいる。

「ヨシ(筒香)が複数のポジションをこなせれば、攻撃のオプションも増える」と話すキャッシュ監督は、筒香の守備力を確かめるように自らノック。ルーキーの内野守備を「いい動きをしている」と評価しているが、レギュラーシーズン開幕後の筒香にはフィールディング以上に“頭脳”が求められる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る