レイズ筒香が初の日本人直接対決 マエケンの制球力に脱帽

公開日: 更新日:

 レイズ・筒香嘉智(28)が日本人右腕にメジャーの洗礼を浴びた。

 1日のツインズ戦に「2番・左翼」でスタメン出場。相手の先発はツインズに移籍した前田健太(31)だ。メジャー通算47勝(35敗)右腕に対し、左飛、右飛と、いずれも外野フライに打ち取られた。四回の第3打席は3番手右腕チャシーンに空振り三振で3打数無安打。2回3分の2を1本塁打含む2安打3失点(自責1)と打ち込まれたベテラン右腕を攻略できなかった。

 オープン戦ながら、日本人投手との初対決が実現した筒香は「前田さんと、米国で対戦できて楽しかった」としながらも、「球のキレ、制球力は日本の時と変わらずすごい。こっちの投手にはないような制球力」と白旗を揚げた。

 DeNA時代の筒香は広島・前田に対して48打数9安打、打率.188と封じ込まれた。同じアメリカン・リーグに所属する両球団による直接対決は6試合。ルーキー野手はベテラン右腕を打ち込めるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

もっと見る