レッズ秋山 初の「4番・中堅」でOP戦出場もセーブ王に沈黙

公開日: 更新日:

 レッズ・秋山翔吾(31)が4日(日本時間5日)のカブス戦に「4番・中堅」で出場し、3打数無安打だった。

 本来、4番を打つムスタカスを1番に起用するため、主砲を任された秋山だったが、二回の第1打席で相手の先発右腕チャットウッドの外角低めの変化球に空振り三振。第2打席では、最多セーブ4度の剛腕守護神キンブレルとの対戦にも、初球の甘い球に手が出ず、2球目の変化球を叩いて一塁ゴロに倒れた。六回には積極的に初球から手を出したが、左飛に打ち取られて、3戦連続安打はならなかった。

 試合後の秋山は「実績のある投手と対戦するのは聞いていましたが、結果を残せなかった。真っすぐに対応できていない。まだ、自分で自分のこと(打撃)を探っている状態」と振り返った。メジャーの投手に慣れるにはしばらく時間が必要か。

 エンゼルス・大谷はマリナーズ戦に「4番・DH」で出場し、2打数無安打1三振。レイズ・筒香はブルージェイズ戦で「2番・三塁」でスタメンに名を連ね、三回の第3打席に遊撃への内野安打を放ち、2打数1安打1四球だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    山梨県知事「五輪中止」発言 裏で糸引く二階幹事長の思惑

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る