レッズ秋山 初の「4番・中堅」でOP戦出場もセーブ王に沈黙

公開日: 更新日:

 レッズ・秋山翔吾(31)が4日(日本時間5日)のカブス戦に「4番・中堅」で出場し、3打数無安打だった。

 本来、4番を打つムスタカスを1番に起用するため、主砲を任された秋山だったが、二回の第1打席で相手の先発右腕チャットウッドの外角低めの変化球に空振り三振。第2打席では、最多セーブ4度の剛腕守護神キンブレルとの対戦にも、初球の甘い球に手が出ず、2球目の変化球を叩いて一塁ゴロに倒れた。六回には積極的に初球から手を出したが、左飛に打ち取られて、3戦連続安打はならなかった。

 試合後の秋山は「実績のある投手と対戦するのは聞いていましたが、結果を残せなかった。真っすぐに対応できていない。まだ、自分で自分のこと(打撃)を探っている状態」と振り返った。メジャーの投手に慣れるにはしばらく時間が必要か。

 エンゼルス・大谷はマリナーズ戦に「4番・DH」で出場し、2打数無安打1三振。レイズ・筒香はブルージェイズ戦で「2番・三塁」でスタメンに名を連ね、三回の第3打席に遊撃への内野安打を放ち、2打数1安打1四球だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  8. 8

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る