筋骨隆々のエ軍大谷 二刀流完全復活のカギは体脂肪率20%

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(25)が二刀流復活に向けてエンジン全開である。

 3日(日本時間4日)は敵地でのインディアンス戦には同行せず、キャンプ地アリゾナ州テンピで調整。フリー打撃では36スイングしてバックスクリーンを越える特大の一発を放つなど、持ち前の長打力を発揮した。

 このオフは筋トレに励み、筋骨隆々の肉体は現地でも話題になった。大谷がビルドアップを図ったのは故障防止とパワーアップのためだそうで、「体はまあまあ動いていると思う。いい感じできている」と、状態の良さを口にしている。

 今季開幕から、まずは野手で復帰し、5月中旬にはマウンドに戻る予定の大谷にとって、投手の成否は体の脂質にもかかっている。

 個人差もあるとはいえ、メジャーの投手、特に先発は太め残りで開幕を迎えるのが一般的。夏場の暑さや疲労から食欲が落ちて体重が減り、球威が落ちたり、スタミナ切れすることを防ぐためだ。レッドソックス時代の松坂は顔をパンパンに張らしてキャンプインして話題になったが、これは単なる不摂生ではなく、あえて体脂肪率を高めてシーズン途中の失速を避けるためだったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る