巨人球団社長が“ポスト原”に初言及「阿部、松井、由伸…」

公開日: 更新日:

巨人球団社長・今村司氏 独占インタビュー(1)

 巨人の今村司球団代表取締役社長兼編成本部長(59)が、日刊ゲンダイの独占インタビューに応じた。阿部慎之助二軍監督やOBの松井秀喜氏など次期監督について言及。初めて山口俊(ブルージェイズ)に認めたポスティング移籍、減少しているといわれて久しい地上波中継のあり方、球団の今後のビジョンなど、大いに語った。全3回の1回目は「ポスト原辰徳監督」。

 ◇  ◇  ◇

 ――阿部二軍監督が若手を育てるべく奮闘していて、「ポスト原監督」が既定路線のようになっています。

「これはなかなか難しい。巨人軍の監督は、チームの状況、本人の状況、ファンの声など、いろいろな要素が重なって決まるもの。社長である私が決めるものではありません。今、原監督と長期的な視野でやっていこうとしています。巨人という球団は、監督が誰になろうと分断されちゃいけない。5年先、10年先に納得して継承できるような人材は誰かということだと思うんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  4. 4

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  7. 7

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

もっと見る