初マルチのレイズ筒香 大谷も苦しんだのに打てるカラクリ

公開日: 更新日:

 レイズの筒香嘉智(28)が打ちまくっている。

 日本時間28日のタイガース戦には初の3番で出場し、2本の適時打を放つなど3打数2安打2打点。ここまで4試合で7打数4安打3打点、1本塁打と当たっている。

「安打がどうこうよりコンディションが徐々によくなってきている。それが一番かなと思う」

 本人はこう話しているものの、相手投手のマークが厳しい5番と3番のクリーンアップで結果を出しているうえ、左腕も苦にしない。「短期間のうちに実力を証明している」と首脳陣の評価もうなぎ上りだ。

 日本人野手の多くはまず、オープン戦で壁に当たる。メジャー特有の動く速球に苦労するケースが圧倒的だ。エンゼルスの大谷も1年目のオープン戦では結果が出ず、開幕直前に打撃フォームを修正したほど。オープン戦で結果を出したからといって、開幕後も打つ保証はどこにもないが、筒香が好スタートを切れたのはなぜか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る