“渋ちん球団”のレイズが太っ腹 マイナー選手に生活費支給

公開日: 更新日:

 大リーグでも有数の低予算チームが、気前の良さを見せた。

 筒香嘉智(28)が所属するレイズが、傘下のマイナーリーガーの生活費を一部、負担するというのだ。

 16日付(日本時間17日)のNBCスポーツ(電子版)が報じたところによれば、球団は開幕延期に伴って無収入になるマイナー選手に当座の生活費として1人当たり800ドル(約8・5万円)を支給。レイズ傘下の9球団には、約250人の選手が所属しており、球団は総額2000万円以上の出費になる。

 これまで選手が、球場スタッフの賃金を補填するため、自発的に寄付を申し出るケースは後を絶たなかったが、球団が所得補償するのは初めて。レイズの昨季の年俸総額約57億円は30球団最低。太っ腹なところ見せた渋ちん球団に追随するチームもありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る