“渋ちん球団”のレイズが太っ腹 マイナー選手に生活費支給

公開日: 更新日:

 大リーグでも有数の低予算チームが、気前の良さを見せた。

 筒香嘉智(28)が所属するレイズが、傘下のマイナーリーガーの生活費を一部、負担するというのだ。

 16日付(日本時間17日)のNBCスポーツ(電子版)が報じたところによれば、球団は開幕延期に伴って無収入になるマイナー選手に当座の生活費として1人当たり800ドル(約8・5万円)を支給。レイズ傘下の9球団には、約250人の選手が所属しており、球団は総額2000万円以上の出費になる。

 これまで選手が、球場スタッフの賃金を補填するため、自発的に寄付を申し出るケースは後を絶たなかったが、球団が所得補償するのは初めて。レイズの昨季の年俸総額約57億円は30球団最低。太っ腹なところ見せた渋ちん球団に追随するチームもありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る