米球界を襲う新型コロナ 試合数減でマイナー選手が大打撃

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス感染拡大によるシーズンの開幕延期・中断が、米プロアスリートの懐を直撃しそうだ。

 ドナルド・トランプ大統領は13日(日本時間14日)、国家非常事態を宣言。大リーグの契約では、米政府が非常事態を解除するまでは、ロブ・マンフレッド・コミッショナーの判断で、選手への給与支払いを一時的に停止できる、との条項が盛り込まれている。米メディアによれば、大リーグ開幕は早くて5月。メジャーリーガーの給料が一時的に滞る可能性もあったが、マンフレッド・コミッショナーは「その考えはない」と否定。多くの選手が開幕延期で収入が不安定になる球場の従業員への寄付を申し出ていることもあり、「選手のサラリーをカットすることはない」としている。

 開幕が先送りされ、試合数は大幅に削減されるかもしれない。そうなれば、ツインズ・前田健太(31)のように、登板試合数などに応じた出来高払い契約を結ぶ選手の実入りに影響しかねないとはいえ、メジャー契約の選手の基本給は保障された格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る