米球界を襲う新型コロナ 試合数減でマイナー選手が大打撃

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス感染拡大によるシーズンの開幕延期・中断が、米プロアスリートの懐を直撃しそうだ。

 ドナルド・トランプ大統領は13日(日本時間14日)、国家非常事態を宣言。大リーグの契約では、米政府が非常事態を解除するまでは、ロブ・マンフレッド・コミッショナーの判断で、選手への給与支払いを一時的に停止できる、との条項が盛り込まれている。米メディアによれば、大リーグ開幕は早くて5月。メジャーリーガーの給料が一時的に滞る可能性もあったが、マンフレッド・コミッショナーは「その考えはない」と否定。多くの選手が開幕延期で収入が不安定になる球場の従業員への寄付を申し出ていることもあり、「選手のサラリーをカットすることはない」としている。

 開幕が先送りされ、試合数は大幅に削減されるかもしれない。そうなれば、ツインズ・前田健太(31)のように、登板試合数などに応じた出来高払い契約を結ぶ選手の実入りに影響しかねないとはいえ、メジャー契約の選手の基本給は保障された格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

もっと見る