コロナ禍でも143試合 なぜ球団とNPBは通常開催にこだわる

公開日: 更新日:

「お金の問題が厄介です」

 セ球団の関係者は、こう言って頭を抱えた。

 12日、プロ野球は12球団代表者会議を開催。新型コロナウイルス感染拡大を受けて公式戦の開幕が延期になり、日程調整を中心に話し合った。

 12球団とNPB(日本野球機構)は、開幕日を4月10日以降に設定。公式戦143試合とクライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズを行う場合、開幕日のリミットについて斉藤コミッショナーは、「ギリギリで4月24日」と説明。無観客試合については「考えていないという前提」と話した。

「コロナ騒動が終息する見通しが立たず、開幕日も決められないのに、12球団が143試合開催とCSにこだわるのは、収入はもちろん、スポンサーの存在があるからです」

 とは、冒頭の関係者。「各球団のオフィシャルスポンサーは、143試合を通常開催する前提で契約している。無観客で開催したり、試合数が減ったりすれば、そもそもの契約条件に合致しなくなり、契約の見直しを迫られる。CSにも冠スポンサーがついているため、CSがなくなると契約自体を破棄せざるを得ません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る