友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

マリナーズで試算 年間試合数162→120なら損失は105億円

公開日: 更新日:

 MLBは米国での新型コロナウイルスの感染拡大に伴いオープン戦を中止。26日に予定していた公式戦の開幕も2週間以上延期した。現時点では開幕の見通しは立っていない。

 どの球団も4月中の開幕は不可能とみており、先日のオーナー側と、選手会の話し合いにより、国内で終息しても、すぐに開幕せず、2週間から4週間の練習期間を設けることが決まったので、球団幹部の多くは開幕が5月中旬か下旬にズレ込むとみているようだ。仮に、5月20日前後に開幕した場合、年間の試合数は120試合前後になる。その場合、球団が被る損失はどれくらいになるか?

 予算規模がメジャー平均レベルのマリナーズをモデルに算出すると、年間の試合数が162から120に減るだけで、べらぼうな損失が生じる。

 まず、主催ゲームが21試合減少するため、入場料収入と、球場での飲料、スナック、グッズ類の販売を合わせた損失は約3000万ドル(約32億円)にのぼる。内訳は観客1人当たりの売り上げ(入場料+飲料、スナックの購入代)は平均60ドル。平均入場者は2万2000人なので、1試合当たりの損失は132万ドルになり、21試合なら3000万ドル近い金額になるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  4. 4

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  7. 7

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  10. 10

    高齢者には難解…何かと横文字を使いたがる政治家の心理

もっと見る