友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

マリナーズで試算 年間試合数162→120なら損失は105億円

公開日: 更新日:

 MLBは米国での新型コロナウイルスの感染拡大に伴いオープン戦を中止。26日に予定していた公式戦の開幕も2週間以上延期した。現時点では開幕の見通しは立っていない。

 どの球団も4月中の開幕は不可能とみており、先日のオーナー側と、選手会の話し合いにより、国内で終息しても、すぐに開幕せず、2週間から4週間の練習期間を設けることが決まったので、球団幹部の多くは開幕が5月中旬か下旬にズレ込むとみているようだ。仮に、5月20日前後に開幕した場合、年間の試合数は120試合前後になる。その場合、球団が被る損失はどれくらいになるか?

 予算規模がメジャー平均レベルのマリナーズをモデルに算出すると、年間の試合数が162から120に減るだけで、べらぼうな損失が生じる。

 まず、主催ゲームが21試合減少するため、入場料収入と、球場での飲料、スナック、グッズ類の販売を合わせた損失は約3000万ドル(約32億円)にのぼる。内訳は観客1人当たりの売り上げ(入場料+飲料、スナックの購入代)は平均60ドル。平均入場者は2万2000人なので、1試合当たりの損失は132万ドルになり、21試合なら3000万ドル近い金額になるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る