広島ドラ1森下暢仁 メッタ打ち“2試合連続KO”で見えた課題

公開日: 更新日:

 期待のドラ1新人がメッタ打ちにあった。7日のオリックス戦に先発した広島森下暢仁(22=明大)が9安打6失点で五回途中降板。6三振を奪ったものの、制球が甘く、初回の1死一塁ではロドリゲスに高めに浮いた直球を左中間席中段へ運ばれた。

 ドラフト前からナンバーワン即戦力投手と評価され、2月のキャンプを見た評論家諸氏は一様に「2ケタ勝利は堅い」と太鼓判。実戦でも結果を出して早々と開幕ローテ入りが内定したが、コロナ禍で中断したオープン戦の最後になって、ソフトバンク打線に2本塁打を浴びるなど4回7安打5失点と炎上した。

「結果的に“2試合連続KO”という形になってしまった。セットポジションでの投球に課題があって、走者を出すと制球がばらつき、球が高めに浮く。これを修正できるかどうかでしょう。大分商、明大時代から故障をするたびに球速を上げるなど、ただでは転ばないタイプ。頭がよく、考えて練習をする選手だから克服するとは思いますが……」(他球団スカウト)

 この日の降板後、「開幕前にこういう経験ができてよかった。自信をもってシーズンに入る準備をしたい」と口にした森下。広島は投手力に不安を残すだけに、佐々岡新監督はルーキーの言葉を信じるしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  6. 6

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

  10. 10

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

もっと見る