大谷が自軍の開幕投手を攻略し305日ぶり一発 2度目登板へ

公開日: 更新日:

 今季、投打の二刀流を目指すエンゼルス・大谷翔平(26)に待望の一発が出た。

 12日(日本時間13日)、本拠地エンゼルスタジアムでの紅白戦に「3番・DH」でスタメン出場し、1本塁打を含む3打数2安打2打点。前日には二塁打を放っており、練習試合に過ぎないとはいえ、2戦連続安打と調子を上げてきた。

 今季の開幕投手に内定している左腕ヒーニー(昨季4勝6敗、防御率4・91)に対し、第1打席は左飛に倒れたが、三回の第2打席は右前打。2死一塁で迎えた第3打席で、1ストライクからの2球目を捉えると、打球は中堅トラウトが伸ばしたグラブを超えてスタンドに突き刺さった。自軍の開幕投手を攻略し、実戦では昨年9月11日(同12日)のインディアンズ戦以来、305日ぶりの一発である。

 打撃は上り調子だが、問題は投手としての仕上がりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る