ツインズ前田健太が今季初黒星…QS好投むなしく2発に沈む

公開日: 更新日:

 好調右腕が、ついに黒星を喫した。

 ツインズ・前田健太(32)が30日(日本時間31日)のタイガース戦に登板し、6回を2本塁打を含む6安打3失点、無四球の8奪三振で、今季初黒星(4勝)を喫した。

 今季5度目のクオリティースタート(QS=6回を3自責点以内)を記録しながら一発に沈んだ。2―1と1点リードで迎えた四回、4番カンデラリオに甘く入った変化球を捉えられ同点のソロ本塁打。さらに六回には2番スクープに左翼席に運ばれて勝ち越しを許した。チームは5連敗。

 エンゼルス・大谷はマリナーズ戦で4打数1安打1四球2三振。2試合ぶりの安打を放ったが、八回には3番手でマウンドに上がった平野と対戦し、直球に詰まらされて右飛に倒れた。平野は1回を1安打無失点、1奪三振だった。

 レイズ・筒香はマーリンズ戦に「4番・DH」で出場し、第1打席で5号2ランを放つなど、4打数2安打2打点、2得点。

 レッズ・秋山はカブス戦で「8番・中堅」でスタメンに名を連ね、3打数2安打1盗塁だった。

▽前田の話「(六回に被弾が)悔しかった。あそこで点を取られないことが大事だった。きょうはいい球がなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る