巨人坂本“今季中2000安打”に黄信号 原政権の独走が足かせ

公開日: 更新日:

「今年は始まってからずっとしっくりきていない。『いいな』と思っても、それがなかなか続かない」

 巨人坂本勇人(31)は先月、1番に入った際にこう漏らしていた。

 23日の広島戦は本塁打を含む3安打を放ち、打率は・275。今季9度目の猛打賞で通算160度目となった。固め打ちは坂本の専売特許。これで通算1961安打とし、2000安打まで残り40試合で39本となった。1試合で1本を割るペース。これまで77試合に出場して77安打だけに、十分に到達可能な数字だ。

 だが、予断は許さない。21日の同戦で3安打を放ったものの、翌22日は4タコ。去る9日には自身初の3打席連続本塁打の離れ業で、川上哲治氏に並ぶ通算1066勝目を原監督にプレゼントした。しかし、翌10日はやはり4タコに終わった。7月には自己ワーストに並ぶ26打席無安打の不振に陥るなど、今季は好不調の波が大きい。冒頭のコメントのように「好調が続かない」のが悩みなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  9. 9

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

  10. 10

    スガ政策はスカスカだ 国会で野党が追及すべき3つの問題

もっと見る