巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

公開日: 更新日:

 巨人菅野智之(30)のプロ野球記録に並ぶ開幕投手からの12連勝は持ち越しとなった。

 22日の広島戦。2点を先制してもらった四回、長野に3ランを浴びて試合をひっくり返されたものの、五回の岡本の逆転2ランで勝利投手の権利が転がり込んだ。1点リードの九回に抑えのデラロサが同点に追いつかれ、12勝目はお預けとなったが、8回125球を投げて6安打3失点で粘った。

 それでも無傷の11勝。最多勝は確実でMVPも濃厚だ。このオフには球団にポスティングシステムを直訴し、思い残すことなくメジャーへ旅立てるというものだ。ただ、気掛かりなことがないわけではない。同学年で長年バッテリーを組んできた捕手の小林誠司(31)のことである。

 さるチーム関係者がこう言った。

「開幕早々に小林が左尺骨骨折で長期離脱したこともあって、菅野は今季、開幕戦以外の全試合で東海大の後輩・大城とコンビを組んでいる。大城は打撃優先型の捕手。まだまだとされるリード面について菅野は『指導してやって欲しい』と首脳陣に頼まれています。菅野は前回のお立ち台で『リードはあんまりだったけど、バッティングで取り返してくれた』と言ってファンを笑わせた。これが今の大城の立ち位置を表しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る