大谷は年俸合意ならず…エ軍の強気態度は本音か駆け引きか

公開日: 更新日:

 下手をすれば泥仕合に発展しかねない。

 15日(日本時間16日)までの年俸調停回避期限までに合意できなかった大谷翔平(26=エンゼルス)のことだ。

 複数の地元メディアによれば、大谷サイドの要求額は330万ドル(約3億4300万円)に対し、球団側が250万ドル(約2億6000万円)を提示。両者の間で80万ドル(約8300万円)の開きがあるという。

 今後も交渉は可能であるとはいえ、金額の差が埋まらなければ2月に行われる調停委員会の裁定に委ねられることになる。

 ペリー・ミナシアンGMは「我々は聴聞会に話を持っていくことになる」と、調停も辞さない構えを見せているが、決して本音ではないだろう。

 地元マスコミ関係者がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  9. 9

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  10. 10

    遠征先で無断外泊先から球場入り…それでも石井は好投した

もっと見る