大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(26)が大幅昇給の機会を得た。

 年俸調停権を得た選手、所属球団双方が希望額を提出する期限が15日(日本時間16日)に迫ったからだ。マイナー契約で入団した大谷の昨季年俸は70万ドル(約7300万円)。

 投打の二刀流として完全復活が見込まれるメジャー4年目の年俸はいくらでまとまるのか。

 昨季、投打とも期待外れに終わった大谷に対する地元アナハイムでの評価はシビアだ。

「監督、GMとも大谷の潜在能力の高さは認めているものの、2018年に移籍してからシーズンを通して二刀流として機能したことは一度もない。故障リスクも高いため、今回の年俸は200万ドル(約2億800万円)から250万ドル(約2億6000万円)に抑えられるともっぱらです。大谷同様、年俸調停権を得た19年のMVPドジャース・ベリンジャー、昨季の首位打者ソト(ナショナルズ)ら実績のある選手ならともかく、仮に大谷が調停に持ち込んでも勝ち目はないと思う」(地元マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  9. 9

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  10. 10

    遠征先で無断外泊先から球場入り…それでも石井は好投した

もっと見る