大谷OP戦初出場 2番・DHでいきなりマルチ3割30本に追い風

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(26)が、日本時間2日のホワイトソックスとのオープン戦に初出場。「2番・DH」でスタメンに名を連ね、3打数2安打2得点。相手はメジャーで実績の少ない若手とはいえ、まずは打者として好スタートを切った。

 エンゼルスは現在、打順の見直しを図っており、昨季まで主に3、4番だった大谷が2番を打ち、入れ替わりで主砲トラウトが3番に入る見込みだ。昨季、エンゼルスのチーム総得点はリーグ4位の294。2019年から2年連続チームトップの打点をマークしているスラッガーを3番に据え、さらに得点力を向上させるのがマドン監督の狙いだ。オープン戦で新オーダーを試して打線がつながれば、2番大谷、3番トラウト、4番レンドンと続くラインアップで開幕に臨む。

 昨季の大谷は極度の打撃不振に陥り、打率1割9分、7本塁打、24打点。好機でもパッとせず、得点圏打率は42打数6安打の1割4分3厘だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る