球団トップ不用意発言で露呈…メジャーの意外な渋チン体質

公開日: 更新日:

 イチロー(現会長付特別補佐兼インストラクター)、菊池雄星(29)らが所属するマリナーズのケビン・マザー球団社長兼CEOが不用意な発言で職を失った。

 同氏は、今月5日のオンラインイベントで、年俸総額を削減するため、有望な若手選手を昇格させず、FA取得時期を遅らせていたと暴露した。さらに英語圏以外の出身選手の語学力を批判。今季から特任コーチを務める岩隈について「彼の現役時代の英語はひどかった。我々は彼の通訳への給料支払いにはうんざりしていた。我々は彼の通訳に年間7万5000ドル(約800万円)を払う必要があった」と発言して辞任に追い込まれた。

 同氏は「発言は私個人の見解であり、球団とは無関係です」との声明を発表したとはいえ、この一件でマリナーズの渋チンぶりが明らかになった。

 メジャーでは毎年のように記録的な大型契約が誕生しており、ここに来てパドレスがタティスJr内野手(22)と、史上3番目の規模となる14年約375億円で合意したばかり。ひとりの選手に数百億円を投じる大リーグでも、人件費抑制のために有望株のメジャー昇格を遅らせるのは日常茶飯事。有望な若手を安い金額で長期にわたって囲い込むのだ。数百万円の出来高を払いたくないあまり、あと数試合というところで出番を失った日本人選手も中にはいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  9. 9

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  10. 10

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

もっと見る