マー君初登板で3失点「カギは速球」ギャオス内藤氏が分析

公開日: 更新日:

「収穫しかないです」

 楽天田中将大(32)は20日に日本ハムとの練習試合で実戦初登板を果たし、こう手応えを口にした。

 2666日ぶりに日本のマウンドに立った田中は初回、中田に3ランを喫するなど4連打を浴びたが、2イニング目は打者3人で打ち取った。カットボールとツーシームを封印し、速球、スライダー、スプリットに絞った投球で、最速148キロをマーク。2回3失点だった。

 メジャーと比べて比較的軟らかい日本のマウンドにまだ慣れていないこともあってか、田中の武器である制球が微妙に乱れる場面もあった。本人も次回登板に向けて、制球を課題に挙げた。

 今回の登板を受け、他球団のスコアラーや評論家諸氏からはフォームのバランスの良さや、通常時とセット時で球速が変わらないなど、投球技術の高さを指摘する声があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  5. 5

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  6. 6

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  7. 7

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  8. 8

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  9. 9

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る