レッドソックス澤村拓一の方が山口俊より期待できる根拠

公開日: 更新日:

「ウチは本気で取りにいっていただけに、彼を獲得できなかったのは非常に残念だ」

 先日、ア・リーグのスカウトから電話がかかってきた。「彼」とはこのオフ、レッドソックスに入団した澤村拓一(32)のことだ。同じア・リーグ球団にもっていかれたことがよほど悔しかったのか、「150キロ台後半のファストボールに140キロを超すスプリットを投げる。制球に加えて精神面に課題を抱えているものの、使い方次第で、かなりの戦力になると踏んでいたんだが……」。日本には「逃がした魚は大きい」という言い回しがあると聞いた。彼は澤村の性格まで突っ込んだ調査をしていたから、逃がした悔しさは相当なものなのだろう。

 このスカウトも言うように、澤村は精神面に課題がある。僅差やピンチの場面になると、マウンド上でアタフタする。気が弱いのだ。ボストンはファンやメディアが騒々しい場所とはいえ、2年総額3億円強。過度の期待をされているわけではないから、プレッシャーもそれほどではない。わたしは、使い方次第で活躍するとみている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る