好スタート切ったエンゼルス最大の不安は「大谷の二刀流」

公開日: 更新日:

 今季、二刀流に復帰した大谷翔平(26)のエンゼルスが好調だ。

 開幕から3カード連続で負け越しがなく、ここまで9戦して6勝3敗、勝率・667はアストロズと並んでア・リーグ西地区首位タイ。米アナリストによる過小評価を覆すかのような開幕ダッシュに成功した。

 ここまで大谷は打者で9試合に出場し、34打数10安打の打率・294、3本塁打、8打点。本塁打は主砲トラウトらと並んでチームトップタイ、打点はウォルシュに次いで同2位だ。

 機動力も発揮しており、同最多の2盗塁をマークしている。

 打率・190、7本塁打、24打点と絶不調に終わった昨季の鬱憤を晴らすかのような働きで、チームの快進撃に貢献しているが、投手としては不安が残る。

■先発として計算しにくいマメに加えて体力の不安

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  3. 3

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  7. 7

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    今期ドラマは豊作と話題 TBSがやっぱりダントツに面白い

  10. 10

    グローバルダイニングが黒字転換 都に反発し店は大盛況

もっと見る