千賀に続き外崎まで東京五輪絶望的…侍J稲葉監督は真っ青

公開日: 更新日:

 侍監督に更なる試練だ。

 12日、西武は外崎修汰(28)が6日に手術を行っていたと発表した。3日のソフトバンク戦で左足首に死球を受け、左腓骨を骨折。手術は無事終了したとはいえ、実戦復帰まで3カ月程度というのだから7月の東京五輪はほぼ絶望的だ。

 これに頭を抱えているのが五輪日本代表の稲葉監督ではないか。6日にはエース格として期待されていたソフトバンクの千賀も左足首の靱帯を損傷。こちらも全治2、3カ月だから、東京五輪の出場は断たれたに等しい。

 そこにきて、稲葉監督がかねて高く買っていた外崎までも離脱。西武入団当初は遊撃として期待されていたが、2017年に入団した源田が定着したこともあり、以降は二塁、三塁、外野とさまざまなポジションを守らされた。たらい回しと言えば聞こえは悪いものの、言い換えれば器用さの裏返し。19年に26本塁打を打った長打力、17年から4年連続20盗塁以上の走力も評価が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

もっと見る