小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

「1週間500球」の球数制限より不公平感のない日程プラン

公開日: 更新日:

 日本高野連は4月28日、夏の甲子園大会の休養日を新たに1日増やすことを決めた。3回戦と準々決勝の間に休みを設け、準々決勝翌日、準決勝翌日と計3日間となる。

 先のセンバツで「1週間500球」の球数制限ルールが話題になったように、球児の負担を減らすことが目的だが、これでもまだ足りない。

 センバツの初戦が6日目だった中京大中京(愛知)は、準決勝までの4試合が1週間の間に行われる過密日程だった。準々決勝までの3試合で先発したエース畔柳は準決勝・明豊(大分)戦の先発を回避。四回途中から救援登板したものの、5日間で379球を投げており、「腕に力が入らない」と31球で緊急降板した。

 この制度は3年の試行期間中であり、高野連もルール変更の可能性を含めて検討に入るとしている。一体どうすればいいのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  6. 6

    国内で初「健康な20代男性」無念のコロナ死…入院できず

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  9. 9

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る