阪神・佐藤輝は叱責翌日に好打撃!図太さの裏に恩師の教育

公開日: 更新日:

 阪神佐藤輝明(近大)が25日のDeNA戦の二回、右中間へ先制の6号2ランを放った。トラックマンデータによると、打球速度は175キロ、飛距離139メートルという特大の一発だった。

 その黄金ルーキーは開幕からの1カ月、ミスをしたり首脳陣から叱責を受けた直後に、決まって打撃で結果を出している。右翼を守っていた23日のDeNA戦では、1死満塁の五回に正面のゴロを後逸。ボールが右翼フェンス付近に転がる間に、打者走者まで生還した。矢野監督が「プロとして恥ずかしいプレー」と断罪したその翌日、佐藤は入念に守備練習をして試合に臨み、マルチ安打をマークした。

 22日の巨人戦の試合前には井上ヘッドから「レギュラーとして出ている責任は感じろ」と苦言を呈された。前日までの4試合で15打数1安打10三振と不振に陥っていたからだが、佐藤はその日の試合で5試合ぶりのマルチ安打を放った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  7. 7

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  10. 10

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

もっと見る