原巨人を襲う坂本依存のツケ…過去2度の故障離脱ではV逸

公開日: 更新日:

 10日に坂本勇人(32)の出場選手登録が抹消されたことで、2位巨人に暗雲が垂れ込めている。

 9日のヤクルト戦の五回、一塁走者時に捕手の牽制を受け、ヘッドスライディングで帰塁した際に負傷。右手母指末節骨の骨折と診断された。

 今季は36試合に出場し、打率.299、チーム最多タイの7本塁打で打線を牽引していた。復帰まで1カ月程度とみられる。エース菅野も右肘違和感で離脱しており、投打の大黒柱を同時に失う緊急事態となった。

 巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏がこう嘆く。

「痛いなんてもんじゃありません。今の巨人で代わりがいない唯一の選手と言っていい。遊撃で守備の要なのはもちろん、巨人打線で一番怖い打者でもあり、いわば“心臓”。いると、いないとでは、相手投手にかけるプレッシャーが天と地ほど違う。さらに痛いのは、チームの精神的支柱であること。坂本は遊撃の位置から絶妙のタイミングでマウンドに行って投手に声を掛けていた。投手陣はあれに随分救われていた。残念ながら、他の選手に代わりは務まりません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

もっと見る