巨人菅野2度目の登録抹消 右肘違和感で遠のくメジャーの夢

公開日: 更新日:

 巨人のエース菅野智之(31)が8日に今季2度目の登録抹消となった。先発した7日のヤクルト戦で右肘の違和感を訴えて四回で緊急降板。通常の直球は150キロを超えるが、降板前の四回2死からオスナを右飛に打ち取った直球は140キロだった。原監督は「少し時間を空けようと。1回飛ばしぐらいになる」と軽症を強調したものの、投手の生命線といえる「肘」だけに、今オフにも再挑戦する可能性が高かった大リーグ球団の評価にも影響を及ぼしそうだ。

 菅野は昨オフ、ポスティングシステムによるメジャー移籍を目指したが、契約合意に至らず、年俸8億円で巨人残留。それでも今季中に海外FA権を取得予定で、今オフの再挑戦を示唆している。

 野球文化学会会長で、米球界に精通する名城大准教授・鈴村裕輔氏がこう言う。

「重要なのは右肘を完治させてから戦線に復帰できるか。それを結果でメジャーに示すことが重要です。米国の場合、医師が『3カ月コース』と言えば、従うしかありませんが、日本の場合は違和感が残っていても、本人のゴーサインで復帰するケースが少なくない。巨人のエースで責任感が強いでしょうから、無理をして復帰することも考えられます。ただ、早期復帰したとしても、結果が伴わなければ、完治をアピールすることにはならない。仮に再挑戦するとなった時、メジャー球団は及び腰にならざるを得ないでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  8. 8

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  9. 9

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  10. 10

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

もっと見る