今度は巨人・坂本が骨折…頻発する帰塁故障は防げないのか

公開日: 更新日:

 不注意か、それとも避けられるケガなのか。

 10日、右手親指の骨折で登録抹消となった巨人坂本勇人(32)。原監督をはじめ首脳陣が真っ青になったのが、9日のヤクルト戦、五回無死一、二塁の場面だ。

 一塁走者の坂本は捕手からの牽制にヘッドスライディングで帰塁。セーフになったものの、塁上で右手を押さえるなど苦悶の表情を浮かべ、六回の守備から交代した。

 8日にはソフトバンクのグラシアルも二塁走者として、打者の三ゴロで慌てて二塁へ帰塁した際に頭から滑り込んで右手を負傷。中指と薬指の靱帯を損傷し、さらに薬指の骨折もあって長期離脱を余儀なくされた。

 ヤクルト、ソフトバンクで守備走塁コーチの経験がある飯田哲也氏は「帰塁によるケガは防げるケースと防げないケースがある」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  2. 2

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  9. 9

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る