松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

大谷翔平なぜ“アクセルべた踏み”なのか 8年前の会見に糸口

公開日: 更新日:

 大谷翔平がアクセルを戻さない。踏みっぱなし。「コロナでいいことないから翔平の活躍だけが楽しみで」と言う私のような贔屓は気が気ではない。利き腕にデッドボールを受けて悶絶した日にゃ飛び出して「ケガでもしたらどうすんだこのやろう!」。

 患部をさすって「痛いの痛いの飛んでけ~」とフ~フ~しつつ、「おまえも痛がり方がオーバーなんだよ。あんなヘナチョコボール屁でもないって顔をしてろ」。でもすかさず「な~に心配するな。いざとなったらじいちゃんが怒鳴り込んでやるから」。指に血豆が出来たら(そんなもんがあったら)血豆地蔵尊のお札をポケットに入れてやる。

 出来のいい、少し無鉄砲な孫を持つ過保護ジジイと成り果てる。翔平は目に入れても痛くない。あんなデカイのを目に入れたら痛いだろうに、国中にそういうジジババがあふれ返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る