松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

田中将大に投げ勝った日ハム上沢の名前がどこにもないぞ!

公開日: 更新日:

 楽天田中将大が日本に帰っての初登板で日ハム打線にホームランを打たれて負けた。

 高めに投じた渾身のストレートをはじき返した中田翔は今季初ホームランだった。

 しかも日ハムでも伏兵の石井一成にまで高めのストレートを弾丸ライナーで右翼中段に運ばれた。

 しかも、日ハムのエース上沢直之は田中将大に投げ勝って、今シーズン初勝利を挙げた。

 しかも、場所は東京ドームで日ハムの主催ゲームだった。

 これだけ条件が揃った中で、その夜のスポーツニュースは「マー君復帰初登板!」「マー君初勝利逃す!」「マー君もったいない被弾!」「マー君日本プロ野球29連勝ならず!」。

 勝ち投手が誰だったか、何対何だったか、フリップ一枚も出さんというのは、オイ(どことは言わんがNHK!)、これは意図的偏向報道ではないかッ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

もっと見る