エンゼルス大谷翔平を悩ませる“滑り止めポリス”と「敵将の横やり」

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(26)が日本時間24日のジャイアンツ戦に「2番・投手」のリアル二刀流で出場し、投げては6回を1本塁打含む6安打1失点、9奪三振、打っては3打数無安打2三振。まずまずの内容だったが、自身のバットから快音が響かなかったこともあり、勝敗は付かず。チームは延長十三回に7点を奪われ、3-9で敗れた。

 大谷は先発投手が少なくとも2回受ける粘着物質のチェックをクリア。メジャーの多くの投手が使用を噂される異物は当然、検出されなかったものの、今後は敵将との戦いも強いられる。

 新たに設けられた新ルールでは審判の判断に加えて、相手監督の要求があった場合にも投手のグラブなどを確認できるとしているからだ。

 フィリーズ・ジラルディ監督は早速、23日のナショナルズ戦で新ルールを駆使、相手先発でサイ・ヤング賞右腕シャーザーを確認するよう球審に要求した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  6. 6

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    小池都知事は感染ワースト更新も他人事 発表前スゴスゴ退庁ダンマリの「計算」

もっと見る