友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

MLB滑り止め使用禁止をすり抜ける「ブレンドテクニック」

公開日: 更新日:

 MLBは先週30球団に通達を送り、今後はルールブックにある通り、投手が指先に異物(滑り止め)を付けて投げる行為を全面的に禁止し、違反者には10試合の出場停止処分を科すことを伝えた。

 これは、MLBの黙認ポリシーを百八十度転換するものだ。MLBが異物の使用を取り締まらなくなったのは、打者の側から、松ヤニや日焼け止めなどの滑り止めの使用で変化球の威力が増すことより、滑り止めを禁止することでボールのコントロールが利かなくなってデッドボールが増える被害の方が大きいので、黙認して欲しいという要望があったからだ。

 それによって、異物の付着を禁止したルールは半ば死文化し、2015年以降、異物の使用が見つかって処分を受けた投手は一人も出ていない。それでも、今回MLBが厳罰主義に転じたのは、投手たちが少量で強力な粘着効果を発揮するスパイダータックに代表されるニュータイプの滑り止めを広範囲で使用するようになり、速球のスピンレートと変化球の曲がりが、打者の許容できないレベルに向上したからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  3. 3

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  7. 7

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  8. 8

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  9. 9

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る