MLB新ルールにダルは反論 不正投球蔓延は投手コーチが元凶

公開日: 更新日:

 MLBがようやく重い腰を上げた。これまで公然の秘密として黙認してきた不正投球にメスを入れるというのだ。

 スポーツ専門局ESPN(電子版)が日本時間6日に報じたところによれば、今月中旬にも投手による滑り止めの使用を取り締まる新たなルールを適用するという。

 かねてメジャーの投手の間では、滑りやすいボールを操るため、マツヤニやサンオイルなどを指に塗る不正が横行してきた。ロージン以外の粘着物を塗ることで、制球力が増す上に、スピン量も上がるため、多くの投手が不正投球に手を染めてきた。

■新ルールにダルは真っ向から反論したが

 それがバレれば出場停止などの処分を受けるが、新たに厳しいルールを設けるというのだ。これにパドレス・ダルビッシュ有(34)が噛みついた。

 ダルは自身のSNSで「ボールに問題があるってMLBはわかってんのにお金のためかずっと滑りまくるボールを提供してくる。わかってるんやからそっちを先にどうにかしましょう」と、大リーグ公認球の質の向上をリクエスト。さらに、打者は飛距離の出るボールやフライボール革命の恩恵を受けてきたことを挙げ、「(投手は)みんな(投球データを解析する)ラプソードとか使って研究して良くなったらこれ」と、投手に不利なルールの厳格化に真っ向から反論した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…