聖光学院(福島)も連続出場「13」でストップ 夏の甲子園常連校が続々敗退のナゼ

公開日: 更新日:

 93年ぶりとなる快挙を逃したのが聖光学院(福島)だ。

 20日の福島大会準々決勝で光南に1―5で敗れ、夏の甲子園連続出場が「13」でストップしたのだ。

 夏の甲子園最多連続出場は、1915年の第1回大会から続けて出場した和歌山中(現桐蔭)の「14」。聖光学院は勝てば、それ以来となるタイ記録だった。

 甲子園に出るのが当たり前のような学校が、地区大会で敗退したのは聖光学院に限らない。20日現在、今年のセンバツに出場した32校中、6校がすでに敗退。中でも甲子園に出れば優勝候補だった仙台育英(宮城)、春の九州大会を制した具志川商(沖縄)が早々と姿を消した。

「コロナの影響は大きいですよ。部員に感染者が出れば原則、出場辞退ですからね。強豪校と練習試合を組んでの遠征はもちろん、ハードな練習もやりにくい。疲れがたまって抵抗力が落ちる可能性もありますから。選手たちの力をフルに発揮しづらい状況なのは間違いありません」(西日本の強豪校監督)

 甲子園では“ノーマーク”の学校が勝ち上がる可能性もありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  7. 7

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  8. 8

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

もっと見る