鳥取大会辞退から一転…出場を認められた米子松蔭にもダメージあり

公開日: 更新日:

 野球部員ではなく、たったひとりの学校関係者がコロナに感染したことで鳥取大会を辞退していた米子松蔭が19日、一転して出場できることになった。鳥取県高校野球連盟と朝日新聞鳥取総局が会見し、21日に境と2回戦を行うと発表した。

 米子松蔭は17日の試合直前に出場を辞退していたため、境の不戦勝になっていた。それをチャラにして、やっぱり2回戦をやるというのだ。

 しかし、すでに視線が3回戦に向いていた境は改めて米子松蔭に照準を合わせなければならないし、試合ができることになった米子松蔭にしても喜んでばかりはいられない。17日にいったん出場を辞退した時点で、それまで張り詰めていた気持ちが一度、プツンと切れるというか、緩んでしまった3年生も中にはいるだろうからだ。彼らにとって朗報には違いないとはいえ、たった2日で心身を元の状態に戻せるのかどうか。

 米子松蔭は甲子園に春夏計4回出場の強豪、春の県大会Vの優勝候補だが、受けたダメージは大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  7. 7

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  8. 8

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

もっと見る