小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

松坂大輔への手紙 「平成の怪物」をつくった男が明かす自負とジレンマ

公開日: 更新日:

 7日朝に大輔から電話をもらい、「引退します。小倉さんには一番、お世話になりました。本当にありがとうございました」と引退報告を受けた。40歳か。日米で23年間プレーし、日本で114勝、大リーグで56勝、通算170勝。「平成の怪物」をつくり出したのは私だという自負があるから、複雑な心境だ。

 晩年は故障に苦しんだ。完全燃焼できていないだけに残念な気持ちもあるし、もうリハビリに苦しまなくていいんだなという安堵の思いもある。日本には戻らず、メジャーリーガーのまま辞める選択肢はなかったかと物申したい気持ち、さまざまな思いが交錯している。

 思えば2015年にメッツから日本球界に復帰してからはケガとの闘いだった。ソフトバンク時代は右肩を痛めて投球フォームを崩した。古巣の西武に戻った20年から右手がしびれるようになり、昨年7月に頚椎の手術を受けたものの、「右手の指の感覚がなくなって、皿やコップを持っても落としてしまう」と言っていたな。

「勝負事」に強い男だった。大輔との思い出は数多いが、ベストゲームは1998年夏、甲子園決勝の京都成章戦だろうか。決勝前夜、私は大輔を呼んで「おまえは四球が多いから完全試合は無理。それなら明日、ノーヒットノーランをやったら焼き肉をたらふく食わせてやる」と約束した。すると、決勝で本当にノーヒットノーランを達成。前々日のPL学園との準々決勝では延長十七回で250球を投げて完投していた。ハッパをかけるつもりだったが、まんまと“賭け”に勝った大輔は、特上カルビを10人前以上も平らげた。

 甲子園春夏連覇、明治神宮大会、神奈川国体と合わせ、公式戦無傷の44連勝、4冠を成し遂げた。でも、私にはジレンマがあるんだ。

■早い段階で「完璧な投手」に育ててしまった

 地獄のアメリカンノックなど、これまでの選手の中で誰よりも過酷な練習を強いてきた。ただ、「もうちょっとここは練習しないといけない」という未完成な部分を残しておいた方がよかったかもしれないと思うことがある。投手として学ぶ要素が100あるとすれば、大輔だけは100を教え込んだ状態でプロに送り出せた。他の選手は100なんて到達しないんだけど、高校時代に完璧に身に付けさせてしまったことが失敗だったかもしれないと思うんだ。とんでもなく早い段階で完璧な投手をつくってしまったんじゃないかって。

 西武の新人時代にイチローオリックス)を抑えた時、「自信が確信に変わった」と口にした。1年目でいきなり16勝して「プロってこんなものか」と思ったんじゃないか? もし高卒1年目に少しでも挫折を知れば、学ぶ余地を残していれば、たとえ1~3年でもプロで下積みを経験できていたら、もう少し長く活躍できたんじゃないか――。

 昔から5、6球で肩ができちゃうほど地肩が強く、ケガをしないもんだから、どこかなめているところがあった。大輔がまだ若い頃、「ちゃんとケアをしないと30歳を過ぎたらブッ壊れるぞ」と注意をしたことがある。大輔は笑って聞き流していたっけ。

「野球界に恩返しがしたい」

 プロの世界に70人近くの教え子を送り出してきた中で、初めて名球会入りの可能性があったから、届かなかったのは残念。電話で話した際、「僕も狙っていたんですけど……」と言っていた。まあ、後輩の涌井(現楽天=150勝)に託してくれたみたいだから、しばらく待つしかないな。

「稼いだから、もう野球からはすっぱり足を洗って、のんびりしろよ」と言ったら、「いや、ボクは野球でここまでこさせてもらいました。指導者として野球界に恩返しがしたいです」と将来のコーチ、監督就任に意欲を見せていた。

 そういえば、横浜高の渡辺監督はコントロールが悪い大輔を一時、野手に転向させることを考えていた。私は何とかコイツを凄い投手にしたいという思いでコンバートはさせなかった。指導者に最も必要なのは、そんな熱い心だと思う。

 長い間よく頑張った。お疲れさま。教え子の名球会入りと大輔の指導者姿を見るために、長生きしなきゃいけねえな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

  3. 3
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 4
    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

  5. 5
    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

もっと見る

  1. 6
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

  4. 9
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  5. 10
    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷

    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷