大谷翔平の次戦登板回避は“吉” ペレス45号で3位後退も、打者専念で本塁打王獲得に光明

公開日: 更新日:

 ライバルが本塁打を量産する中、二刀流の不発が続いている。

 エンゼルス・大谷翔平(27)が日本時間17日、敵地シカゴでのホワイトソックス戦に「3番・DH」で出場。2本の内野安打を放ち、9試合ぶりのマルチを記録したが、ノーアーチに終わった。ファウルになったとはいえ、五回には右方向に強烈な飛球。復調の兆しを見せたとはいえ、1本差で追っていたロイヤルズ・ぺレス捕手(31)が同日のアスレチックス戦の一回、先制45号2ラン。ア・リーグ本塁打王争いでトップを走っていたブルージェイズ・ゲレロ内野手(22)に並び、44本塁打の大谷は3位に転落した。

 この日の大谷は九回の第5打席で相手の6番手右腕ライトJr.から右ふくらはぎに死球を受けた。ライトJr.が危険球で退場処分となり、これに抗議したラルーサ監督も退場を宣告される大荒れの展開となった。

 大谷は何事もなく一塁に出塁し、ぶつけられた右ふくらはぎは大事に至らなかったようだが、恐れていたフィジカルへの不安が現実のものとなった。

 この試合を前に会見したジョー・マドン監督は、大谷が登板を予定していた18日のアスレチックス戦の先発を回避すると発表。指揮官は「きのう、キャッチボールをやって、痛みが出てきた。長いシーズンの疲れからくるものだと思う」と明かし、今季中のマウンド復帰については「可能だとは思うが、まだわからない」と話すにとどめた。

 マット・ワイズ投手コーチは「右腕全体の一般的な張り。シーズン終盤になれば、投手なら誰でもあるものだ」と軽症を強調したが、二刀流の肩、肘へのダメージは計り知れない。

DH限定での出場で負担減、復調に期待

 今季、投打の二刀流をこなしてきた大谷は投手として21試合、計115回3分の1で9勝2敗、防御率3.36。打者では139試合に出場し、488打数125安打の打率.256、44塁打、94打点。1918年のベーブ・ルース以来、103年ぶりの同一シーズンでの「2ケタ勝利と2ケタ本塁打」の偉業達成が目前に迫っている。マドン監督は医師の診断を受ける予定はないとし、地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」(電子版)によれば、「大谷は数日以内にキャッチボールをして、患部の状態を確かめる」という。

「オレンジカウンティー・レジスター」紙は「投手のキャリアは今季で終わりになるかもしれない」と、二刀流が終焉を迎えるのではないかと報じているが、少なくとも今季はシャットダウンするのが現実的だろう。

 大谷は渡米1年目のオフに右肘靱帯を修復するトミー・ジョン(TJ)手術を受けた。ただでさえフィジカルへの負担が大きい二刀流としてプレーしているだけに右肘故障の再発リスクは避けられないからだ。

 もっとも、今季の登板を見送れば、「2ケタ勝利と2ケタ本塁打」の偉業達成は来季以降に持ち越しとなるが、タイトル獲得に光明である。

 すでに大谷の疲労はピークに達しているのは明らか。前回11日のアストロズ戦の登板では4回途中9安打6失点でKOされた。直球こそ最速158キロをマークしたが、変化球のキレはイマイチでアストロズ・コレア内野手は「スプリットは本調子でないように見えた」と話している。疲労は打撃にも悪影響を及ぼし、ライバルが本塁打を上積みする中、9月はここまでわずか2本塁打と不発が続いている。DH限定で出場すれば負担は減って復調も見込めるだろう。

「大谷はシーズン終盤に入って変化球、特にスプリットの精度が低く、決め球として使えないケースもあった。打撃同様、シーズンを通じて二刀流を継続してきた疲労からか球威、制球とも本調子から程遠く、変化球が生きないのでしょう。追い込んでも相手打者にスプリットを見極められるようなら、苦しい投球を強いられると思う。本塁打王を狙うのであれば、投手をシャットダウンして打者一本に絞った方が得策です」(スポーツライター・友成那智氏)

 大谷は残りの16試合でライバルを逆転し、悲願のタイトル獲得なるか。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    V争うオリは大迷惑! 公式戦で日ハム斎藤佑樹の引退試合 “三振お約束”にも球界OB苦言

    V争うオリは大迷惑! 公式戦で日ハム斎藤佑樹の引退試合 “三振お約束”にも球界OB苦言

  2. 2
    大越健介キャスターがつまらない! テレ朝「報ステ」は何に遠慮しているのか

    大越健介キャスターがつまらない! テレ朝「報ステ」は何に遠慮しているのか

  3. 3
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  4. 4
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

  5. 5
    速報!2021年秋ドラマ前半戦を採点「恋です!」「日本沈没」「スナックキズツキ」

    速報!2021年秋ドラマ前半戦を採点「恋です!」「日本沈没」「スナックキズツキ」

もっと見る

  1. 6
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか

  2. 7
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8
    NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼

    NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼

  4. 9
    眞子さま結婚で皇位継承さらに先細り…「旧宮家の復活」「愛子さまとの養子縁組」って何だ?

    眞子さま結婚で皇位継承さらに先細り…「旧宮家の復活」「愛子さまとの養子縁組」って何だ?

  5. 10
    引退する日本ハム斎藤佑樹はなぜプロで活躍できなかったか

    引退する日本ハム斎藤佑樹はなぜプロで活躍できなかったか