阪神開幕7連敗で早くもV率0%…矢野監督の途中解任が唯一の“起爆剤”

公開日: 更新日:

 早くもデッドラインを超えた。

 阪神は1日の巨人戦に5-6で敗れ、開幕7連敗。開幕から7連敗以上したチームが優勝、Aクラス入りしたことはなく、早くもV確率は0%となった。

 抑えのスアレスが昨季限りで退団したとはいえ、昨季まで2年連続2位のチームが投打だけでなく守備もボロボロ。浮上の兆しが見えない。

 開幕投手を務めた藤浪が自己ワーストの3被弾。4回6失点でKOされると、打線も菅野を打ちあぐねた。守備でも遊撃の中野が三回、吉川のボテボテのゴロをファンブルして出塁を許すと、この回2失点。序盤から大量5点リードを許す苦しい展開となり、中野は四回の打席で2打席連続となる三振に倒れ、懲罰交代させられる始末だ。阪神OBが言う。

■こらえ性のなさに拍車

「青柳がコロナに感染、ガンケル、及川、岩貞が故障で開幕一軍から外れた上に、コロナ禍で来日が遅れて調整不足の新助っ人ケラーを抑えに指名。開幕戦で7点差を逆転されたのがケチの付き始め。気になるのは矢野監督のこらえ性のなさに拍車がかかっていること。ケラーはそれなりに速球に力があり配球次第で変わってくる可能性があったのに、たった2試合で二軍落ち。打順も大山や糸原、中野をコロコロ変えている。選手たちは自分の力を発揮する前に見切られてしまうと、例年以上に不安な気持ちで戦っていると思う」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾