“コロナ禍入学”の高校球児を待つ超酷暑…練習量半減で熱中症リスク高まる 高野連の対策は?

公開日: 更新日:

 高校球児にとって、地獄の夏となりそうだ。

 各地で過去最も早い梅雨明けを迎えるに伴い、ニッポンは記録的な「超酷暑」となっている。25日に群馬県伊勢崎市で40.2度を記録。30日は東京、名古屋で6月の最高気温の記録を更新するなど、全国100地点以上で同月の記録を塗り替えた。

 そこで案じられるのが高校球児だ。すでに沖縄などで夏の地方大会が開幕。7月には全国各地で熱戦が繰り広げられる。

■18年甲子園は熱中症343人

 夏はただでさえ高温多湿である上に、炎天下のグラウンドは体感温度が40度を超えるといわれる。2018年の甲子園の大会期間中には、選手、保護者らを合わせて343人が熱中症と診断された。今年は前代未聞の気温上昇により、例年以上の熱中症患者が出る、と指摘する専門家も少なくない。

 危険なのはそれだけではない。

「今年の高校3年生はコロナ初年度の2020年に入学した世代だからです」とは、スポーツライターの美山和也氏だ。

「コロナ前と比べて球児の練習量は半減しているといっても過言ではありません。真夏の練習も満足にやっていない世代が主力になって迎える夏だから、熱中症のリスクは当然高まります。甲子園に出場する強豪校の球児の多くはシニアやボーイズ出身。もともと練習量が少ないから、入学後に厳しい練習を課すことで体力をつけさせるのが主流でした。しかし、繰り返された緊急事態宣言のたびに部活動が休止となり、感染リスク軽減のために練習時間、練習場所も限られた。走り込みがほとんどできなくなった学校もあります。昨夏は平年並みの気温でしたが、地方大会から選手の熱中症で試合が中断するケースが目につきました」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  2. 2
    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

  3. 3
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  4. 4
    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

  5. 5
    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

  1. 6
    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

  2. 7
    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

  3. 8
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  4. 9
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  5. 10
    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応

    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応