巨人&広島が苦しむ「魔のイニング」…セ・リーグ2位争いは“八回の男”がカギを握る

公開日: 更新日:

 3位広島にとってはまたも、「魔のイニング」となった。

 勝てば2位に浮上する3日の巨人戦。5-5で迎えた八回だ。4番手の森浦が2死二塁から外角低めのカーブを吉川に左中間へはじき返され、これが決勝点となった。

 広島は春先から「八回」に苦しんだ。4月に1イニング9失点の大炎上を喫するなど、勝利の方程式が確立できず、「魔の八回」と揶揄された。元広島投手コーチの川端順氏がこう指摘する。

「最近は左腕の森浦が主に務め、安定した投球を見せていました。巨人との初戦でも八回を走者を出しながらも無失点に抑えたし、防御率は1点台(1.71)で今回が初黒星なので、森浦は責められません。ただ、抑えの栗林につなぐ救援陣の整備は昨年から続く課題。ここがずっと不安定だから、リーグ3連覇を達成した時のような終盤の逆転勝利も減った印象です。投手陣の安定感と打線は密接にリンクしていますから」

■巨人も「八回の男」が不在

 救援防御率が4点台でリーグワーストの巨人の課題も同じく「八回の男」不在である。新人守護神の大勢がリーグトップタイの23セーブを挙げているものの、その前のリリーフ陣がボロボロ。負け試合のイニング別失点では八回の34失点が最多。開幕から鍬原、デラロサ、ビエイラと取っ換え引っ換えして、最近は覚醒気配の平内が務めているものの、2日の広島戦で痛恨のサヨナラ弾を浴びるなど、絶対的な存在にはなっていない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質