日本ハム清宮が自己最多8号も崖っぷち変わらず…新庄監督の“バッサリ”に例外なし

公開日: 更新日:

 日本ハム清宮幸太郎(23)が久々に快音を響かせた。

 3日のオリックス戦。2点を追う七回に右翼席へ特大のアーチ。今季8本塁打目となり、自己ベストを更新した。

 もっとも、リーグ戦再開以降は低迷。この日を含めた11試合で36打数5安打、1本塁打、打率.139。ほとんど毎試合にフル出場しながら、本塁打は6月8日のDeNA戦以来、17試合ぶりだ。

 新庄剛志監督(50)は6月に入ってから、「チルドレン」と言われる今川優馬(25)と万波中正(22)を今季初めて二軍に落とすなど、容赦ない入れ替えを行った。

 そこで清宮だ。新庄監督から「あんな(走塁)ミスしていたら一生、上へ上がれない」と激怒されたり、フライを落球した際は「星が(目に)入ったかもしれない」などと皮肉られながらも、一軍から振るい落とされずにいる。

「清宮は高校通算111本塁打を打ち、ドラフトでは7球団が競合。知名度や注目度はチームの中で群を抜いていて、潜在能力も高いとみられている。だからこそ新庄監督も度重なるミスやボーンヘッドにも目をつぶってきたのですが、ここにきてチームはトライアウト一辺倒から勝利も追い求めるようになってきた。新庄監督がフロントに左腕の強化を要望、実際にメネズを獲得したのもそんな事情からです。清宮も結果が伴わなければ容赦なく二軍に落とされますよ」(球団OB)

 新庄監督もいざとなったらバッサリやるというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  2. 2
    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

  3. 3
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  4. 4
    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

  5. 5
    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

  1. 6
    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

  2. 7
    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

  3. 8
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  4. 9
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  5. 10
    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応

    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応