夏の甲子園の大本命・大阪桐蔭にひと泡吹かせるか? プロ注目の好左腕を擁する4校の名前

公開日: 更新日:

 最後の1校が決まった。

 31日に行われた西東京大会決勝は、日大三が東海大菅生を下して優勝。甲子園に出場する全49校が出揃った。

 6日開幕の甲子園大会でダントツの優勝候補は大阪桐蔭だ。

 昨年の明治神宮大会に続き、今春のセンバツは大会新の11本塁打を記録して全国制覇。今夏の大阪大会の計7試合はわずか1失点しかしていない。投手の川原嗣貴、捕手の松尾汐恩、中堅手の海老根優大はドラフト候補で、2年生左腕の前田悠伍は来年ドラフトの目玉といわれる。

■対左腕は練習量が限られる

 そんな圧倒的「1強」の大阪桐蔭に土をつけることができるチームはあるのか。「可能性があるとすれば、左腕エースがいるチームでしょう。対左腕はどうしても練習量が限られる。そこにつけ入る隙があると見ます」とは、パのスカウトのひとり。

 大阪桐蔭はセンバツの4試合中3試合で13得点以上を挙げたが、唯一、3点しか取れなかったのがプロ注目左腕・冨田遼弥を擁する鳴門(徳島)との初戦。そのうち1点は相手の失策によるものだった。さらに遡ると、秋季大会で最少の5得点だった履正社戦と東大阪大柏原戦はともに左腕が相手だった。

「私が今大会ナンバーワン左腕とみるのは京都国際の森下瑠大です」と、前出のスカウトが続ける。

「昨年春のセンバツで頭角を現すと、昨夏の甲子園はチームの4強入りを牽引。コロナで出場を辞退しましたが、今春のセンバツ出場も決めていました。何度も甲子園を経験している森下にとって、今年は最後の年。本人もプロを意識してアピールに燃えているはずです。リミッターを解除した思い切った投球ができれば、大阪桐蔭打線を封じ込めるかもしれません。森下のフォームは無理に腕を振っている感じではなく、全体のバランスが非常にいい。同じような腕の軌道、球の出どころから直球と変化球を投げ分けられるのも評価できる。コントロールもそこそこ良く、右打者の内角へ鋭い角度で投げ込めるし、特にスライダーはキレがある。確実にドラフトにかかる選手です」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか